BuchiBuchi’s 見聞録

「チョットおんちゃん」の写真Gallery

21,Autumn colors 2 … 秋風そよぐ

Landscape photograph

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210914210543j:plain

OLYMPUS OM-D E-M1 MkⅡ , M40-150mm F2.8 A(絞り優先)  1/200秒 F8.0 0.EV 200 RAW 三脚

 

 


www.youtube.com

 

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210914210556j:plain

OLYMPUS OM-D E-M1 MkⅡ , M12-40mm F2.8 A(絞り優先)  1/250秒 F8.0 ‐0.7EV 200 RAW 三脚

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210914210607j:plain

OLYMPUS OM-D E-M1 MkⅡ , M40-150mm F2.8 A(絞り優先)  1/60秒 F16.0 ‐0.3EV 200 RAW 三脚

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210914210617j:plain

OLYMPUS OM-D E-M1 MkⅡ , M12-40mm F2.8 A(絞り優先)  1/1000秒 F8.0 ‐0.3EV 200 RAW 三脚

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210914210628j:plain

OLYMPUS OM-D E-M1 MkⅡ , M40-150mm F2.8 A(絞り優先)  1/250秒 F6.3 ‐0.3EV 200 RAW 三脚

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210914210638j:plain

OLYMPUS OM-D E-M1 MkⅡ , M40-150mm F2.8 A(絞り優先)  1/2500秒 F2.8 ‐0.3EV 200 RAW 三脚

撮影地:岩手県一関市 祭畤 ( まつるべ )

 

 

 秋の低い陽光に照らされススキが秋風に揺れる … 風流です。

そんなことを感じるとは、少し齢をとったかな … 。

 

で、いつも思い出す

 在りし日の小学生。

落書きだらけの教科書を入れたランドセルを背負い、

ヨレヨレのスニーカーに野球帽、

時にはチャンバラと化すポンコツ傘を片手に、仲良しの友達連中と下校。

似たような友達が、というよりそれが少年達のスタイルでスピリットだ。

💼👟☂😅

田んぼに落っこちてもなんのその、

拾ったガラクタが宝物。

少年の次元で話す訳の分からん話題は季節に関係のない花が咲き、

だれが一番遠くまで飛ばすかの立ちション大会で盛上る。  

横断歩道で止まってくれた車のドライバーには必ず一礼する岩手県人の気質を養い、 下校途中の郵便局の冷たい水で喉を潤し、水分補給は万全。

内容の濃い下校時間のおかげで出された宿題には羽根が生え、

歌詞の意味も分からずにこの歌 ( ふきのとう/風来坊 ) を歌いながら…今日も元気だ、愛すべき クソガキ達。

 

……………⌚

 時は流れ、モラルとマナー、礼節を学び、ランドセルはカメラザックに、ヨレヨレスニーカーはトレッキングシューズに、頭にはスポーツタオルを巻き、傘は三脚に姿を変え、あの時と同じ歌を口ずさみながら大地を踏みしめる。

 寄り道しながら、泥だらけになりながら、横断歩道で止まってくれた車のドライバーには必ず一礼、…は今も変わっていない。 

ラクタを拾う代わりに写真の絵創りに考えを張り巡らせている。

 郵便局の冷たい水は居酒屋のビールになったものの、ミドルになっても、時々あの頃の少年時代が顔を出す。

 愛すべき クソガキ達 は今も健在なのでございます。

📸😆👍

 

 

21,Autumn colors 1 … 茜色の夢

Snapshot

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210913221232j:plain

 

 

なんとなくこんな曲が良いかなと… ♬


www.youtube.com

 

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210913221248j:plain

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210913221303j:plain

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210913221315j:plain

 

 

f:id:BuchiBuchi-kun:20210913221324j:plain

共通データ,OLYMPUS OM-D E-M1 MkⅡ , M12-40mm F2.8 ,M40-150mm F2.8

 

撮影地:岩手県紫波町 彦部地区

 

 

 道行けばコスモスが咲く季節。

少し薄めの山吹のような黄色から、かなり濃い目の橙色までのグラデーションが可愛らしい、ちょっと背の低いキバナコスモス。

 中でも茜色に映える花が目を引きます。この品種の名は 「サンセット」。

 岩手県紫波町出身の育種研究者 橋本昌幸さん ( 故人 ) によって品種改良により、生まれました。橋本さんは黄色い花のコスモスを、夕映えの美しさを花色に実現したいとの夢から15年の歳月をかけて夕焼けの茜色のコスモスを作りました
 そして、「サンセット」と名付けられたこの花は、1966年、世界的権威のあるオールアメリカンセレクションのゴールドメダルをとり、今では世界中の人たちに愛されるコスモスです。

 キバナコスモス「 サンセット 」、橋本さんの夢と志を映す花は秋の みちのく岩手地に輝いています。

📸🌸🌸🌸🌞